【時計】オーバーホールとはどんな意味?期間や価格も徹底調査

高級腕時計を調べていくと“オーバーホール”という単語が頻繁にでてきますが、あまり聞き慣れない単語で、意味もよくわからないのではないでしょうか?

結論を言うと、

オーバーホール=分解掃除

という意味があるのですが、オーバーホール(分解掃除)とは一体どこまでやるのか。

またオーバーホールが必要な期間やその際の価格などを相場含めてまとめていきます。

 

オーバーホールの基礎

先ほども紹介しましたが、オーバーホールとはどんな意味なのか、というと時計の分解掃除、いわゆるメンテナンスです。

時計によっても異なりますが、機械式時計は定期的にオーバーホールすることによって何十年と使い続けられます。

ロレックスなど高級時計はオーバーホールすることで一生ものにすることができるのです。

それで、メンテナンスをするとき外装(ケースやブレスなど)は自分で掃除することが可能ですが、内部のムーブメントは業者に任せる必要があります。

オーバーホールでは、

古い油を除去して新しい油をさす
内部を分解して調整や洗浄
必要であれば部品の交換

そうすることで内部部品の摩耗を防ぎ、部品交換をなるべくしないようにしていきます。

ですが、

「全然使用していないから」
「まだ大丈夫だろう」

などといって、またはオーバーホールせずに5年10年と放っておくと内部の部品が破損して部品交換など修理が必要になったりします。

そうなると通常のオーバーホール以上に費用がかかってしまう。

ですから、定期的なオーバーホール(分解掃除)が必要になるのです。

 

では、定期的と言ってもどのくらいの期間でオーバーホールすればいいのか?

1回のオーバーホールはどのくらいの価格、費用がかかるのか?

それら含め、オーバーホールの依頼先などと一緒に紹介していきます。

 

オーバーホールの価格や期間

オーバーホールをする期間は一般的に3年〜5年に1度はするべきだと言われています。

ただ、人によっては5年に一度、時計が遅れるようになったらと言う人もおり。

また、修理業者では3年に一度はするべきだという声が多いです。

このあたりの意見は個人差がありますが、3年〜5年に一度はオーバーホールするべき、ということを覚えておくといいでしょう。

オーバーホールの依頼先

腕時計のオーバーホールは一般的に2箇所、もしくはブランドによっては3箇所あります。

・日本のブランド専門店
・ブランド公認店
・時計修理専門店

例えばロレックスであれば

・日本ロレックス
・ロレックス公認店
・時計修理専門店

の3つからオーバーホールの依頼先を選んでいきます。

また、購入店によっては修理業者と仲介しているところもあり、中には購入特典としてオーバーホールを安くすることもできることがありますので、そちらは確認しておくといいですね。

では、依頼先の選び方はどうすればいいのか?

それぞれメリット・デメリットがあり、

・価格
・安心感
・納期

が異なってくるので、それを抑えた上でオーバーホールの依頼先を選ぶといいです。

オーバーホールの価格や納期

オーバーホールの価格は、ブランドによって変わったり、クロノグラフなど種類によっても異なりますが、

価格:2万円〜5万円

だと思っておくといいです。

例えばロレックスであれば、

メーカー専門店:4万円〜(高い種類では8万円)
時計修理専門店:2万円〜(高い種類であれば4万円)

といったように価格が倍ほど違ってきます。

また、納期も異なります。

オーバーホールは一般的には1ヶ月ほどでできると言われています。
(お店によって異なりますので依頼するときに確認しましょう。)

ただ、海外ブランドのメーカーにオーバーホールを依頼すると長ければ半年など時間がかかることがあります

ですが、時計修理専門店だとメーカーよりも比較的納期は短いです。

納期と価格を先ほどの3つの依頼先で比較すると、

納期が短い→納期が長い
価格が安い→価格が高い

時計修理専門店>メーカー専門店>海外メーカー専門店

このような順番になりますね。

ここまで聞くと「それなら時計修理専門店のほうがいいじゃん」となると思いますが、もちろんメーカーにもメリットがあります。

それは

・安心感がある
・対応できないモデルが少ない

価格で考えた場合は、時計修理専門店のほうがいいです。

ですが、オーバーホールには高いスキルが必要になります。

オーバーホールを頼んでおいて、あまり出来がよくない場合などもあるようです。

ですから個人的には、特に一生モノの時計であればメーカーに依頼するか、もしくは時計修理専門店でも実績のあるお店を選んだほうがいいと思います。

価格を抑えつつ安心感を重視するなら実績があり、高いスキルを持った職人がいる時計修理専門店を選ぶといいですね。

 

最後に

機械式ムーブメントの時計であれば、3年〜5年に一度のオーバーホールは必須です。

もちろんクォーツ式ムーブメントの時計もオーバーホールしたほうがいいでしょう。

機械式とクォーツ式はどっちがいい?違いや寿命と精度を比較

2017.03.10

ただ、しっかりと管理して、個人でも定期的にメンテナンスをすることで、より長く腕時計を使い続けることができます。

特に内部はサビに弱いので、メガネ拭きで毎日使用後に拭いたり、湿気が少ないところで管理することでサビをなるべく防ぐことができます

日頃の使い方によってオーバーホールの期間も多少長くできるので、雑に扱わないようにするのがいいですね。

最後にオーバーホールの期間や価格などをまとめておきます。

・オーバーホールの期間は3年〜5年に一度
・価格は2万円〜5万円(ブランドや種類によって高い場合も)
・納期は1ヶ月ほど(海外メーカーの場合は半年も)
・定期的な個人のメンテナンスで長く使い続けられる

高級時計でも一生モノにしたいと考えているのであれば、オーバーホールもしっかりと頼みつつ、日頃の管理も疎かにしないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です